FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
星の王子さま。
私は本を読むのが遅いので、小さい頃は読書に苦手意識がありました。
だから、本をたくさん読んでいる人を尊敬します。
自分の知らないことを色々教えてくれる人は、やっぱりみんな読書家でした。
私もなるべく読書量を増やそうと、最近は本屋さんや図書館に行くようにしています。


星の王子さま―オリジナル版 最近読んだ本、『星の王子さま(オリジナル版)』です。
星の王子さまは有名だけど、 どんなお話なんだろうと思って読んでみました。
子供向けの絵本だと思っていたら、全然そんなことはありませんでした。
絵を描くことより勉強の方が大事だと親に言われた作者、
お金の計算ばかりしている人、王様だからえばっている王様、 現地で調査をしない地理学者のことを「大人ってヘンなの」と思う王子さま。
大人ってなんだろう。自分はどんな大人になってしまっているだろう。 と考えさせられました。
この本を読むまでは星の王子さまのキャラクターグッズにも無関心の私でしたが、今では箱根の星の王子さまミュージアム(http://www.musee-lepetitprince.com/)に行きたいと思うようになりました。

日本での著作権の期限が1月に切れたので色々な出版社が星の王子さまの本を出しているそうなので、そちらも読んでみたいと思います。

スポンサーサイト
[BOOKS]おすすめの本 |コメント:7 |トラックバック:1 | 2005/08/03(水) 16:37:40
コメント
僕も昔読みましたけど、「星の王子様」は人生のバイブル的な本ですね。おんなじ系統やけど、「ライ麦畑でつかまえて」が僕は好きです。
2005/08/03(水) 17:39:03 | URL | ごん #-[ 編集]
あたしが好きなのは、星新一です。
教科書とかに載ってた、ショートショート。
今読んでも面白い。
昔から本と漫画を読むのはものすごい早かった、図書館育ちです。
2005/08/03(水) 21:09:31 | URL | ペコ #-[ 編集]
>ごんさん
ライ麦畑ですかー。
今度読んでみます。

>ペコさん
ショートショート?
知らなかったけど面白そう~。
速く読めるのがうらやましい。。
2005/08/03(水) 22:52:36 | URL | ぴょんきち #-[ 編集]
ショートショートってのはジャンルの名前だよ。短いお話。ってこと。
ライ麦~はサリンジャー作。翻訳を村上春樹がしてるんだけど、村上春樹は女子受けよろしかな。翻訳は谷川俊太郎のが好き。いろんな絵本の訳をしてて、スヌーピーとか。鉄腕アトムの作詞もしてるんだよー。
バトルロワイヤルを3時間弱で読んで、号泣しました。漫画は1時間に4~5冊読めます。
2005/08/03(水) 23:08:23 | URL | ペコ #-[ 編集]
はじめまして
『星の王子さま』オリジナル版を私も読みました。他のひとのも
読んでみたいです。そして何回も読み返したくなる本になると思います。
トラックバックさせていただきました。
2005/08/04(木) 11:09:31 | URL | kankan #-[ 編集]
『星の王子様』実は私も最近、古本屋さんで購入して読み返しました。年齢によって感じるものが違うので、新しい発見があって新鮮な感じがしたなあ。
子供の頃から変わらず好きなのは『銀河鉄道の夜』です。
2005/08/05(金) 00:18:44 | URL | ma #-[ 編集]
>ペコさん
いろんな情報ありがとう。
バトルロワイヤルって泣けるの?
映画も観たことがないけど、ただの怖い話かと思ってた。。

>kankanさん
トラックバックありがとうございました。
kankanさんのブログを拝見しましたがとてもおもしろかったです。

>maさん
私は子供の頃に読んでないので新しい発見はなかったけど、
今までにない感じは味わったよ。
『銀河鉄道~』の内容をまったく覚えてない。。
読んだことがあるような、ないような。
999のテツロウ(?)が頭の中にいます。
2005/08/06(土) 01:18:33 | URL | ぴょんきち #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://pyonchan.blog18.fc2.com/tb.php/10-1667d3c0
トラックバック
サン=テグジュペリ, Antoine de Saint‐Exup´ery, 内藤 濯 星の王子さま―オリジナル版親愛なる星の王子さまわたしの家の近くの、ちいさな、図書館の分室ですれ違ったのは、もう20年以上前のことですね。あのとき、ぼっちゃんは、わたしの手からつるりんと
2005/08/04(木) 11:06:48 | 幸せを呼ぶ本棚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。