FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
2005年最後の試写会。
先週12/15、アクション・サスペンス映画『フライトプラン』試写会に行ってきました。
(お正月第2弾全国ロードショー)

STORY
飛行機内で娘が突然消えてしまい、母親(ジョディ・フォスター)が乗務員たちに飛行機内を探してと頼むが、「娘さんを見た者はいない、搭乗記録もない」とその存在自体を否定されてしまい、誰が正しいのか分からなくなってしまう…。

感想
飛行機という密室でも目を離した隙に子供がいなくなってしまうのは、すごく怖いと思いました。
人の記憶は当てにならないということ、自分がしっかりしないといけないということ、とても勉強になりました。子供を持つ親はこれを観て、どんなに安全だと思える場所でも子供の手を離さないようにしよう!と思うのではないでしょうか。

エンディングでは私たちが反省しなければならない別の教訓があり、これは子供を持つ親だけでなくすべての人がやってしまいがちなことについて言っています。詳しくは言えませんが…。

ストーリー以外の感想としては、飛行機の青い照明と、ジョディ・フォスターの瞳の青がとてもきれい。娘役の女の子もすごくかわいかったし、機長を演じる『ロード・オブ・ザ・リング』のショーン・ビーンがかっこよかった!!

ということで、今年最後の試写会としては良い締めくくりができました。
スポンサーサイト
[MOVIES]試写会 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2005/12/24(土) 00:28:34
『ザスーラ』試写会に行ってきました。
12/8『ザスーラ』試写会に行ってきました。
昨日12/10公開の映画です。

STORY
弟が地下室で見つけてしまったボードゲーム。コマを進めると突然家が宇宙に浮いている…?!一度ゲームを始めたら目的地『ザスーラ』へゴールするまで永遠に地球に戻れない。果たして兄弟は地球に戻ってこれるのだろうか…?


感想
怪獣とか恐竜に追われる系の映画は苦手なので、ジュマンジに続く作品というこの映画は本当に怖かった!
だけど単なるSFパニック映画ではなくて、テーマは『兄弟』について。
兄弟が親を取り合う姿や口ゲンカをする様子は、5歳年上の姉を持つ私の思い出と重なりました。
お兄ちゃんに遊んで欲しい弟と、幼い弟とは遊びたくないお兄ちゃん、まさに昔の私と姉みたいでした。

兄弟が危険なゲームを通して、幼いながらも成長していく姿は観ていて感動してしまった…。あぁ、兄弟っていいなぁと。

笑えるシーンもあるし、楽しい映画なのでオススメです。


さて、今回の試写会は久光製薬が映画館史上初のネーミングライツを取得した『サロンパス ルーブル丸の内』にて行われました。
TOKYOFMパーソナリティの坂上みきさんの司会進行でプレス発表、高橋克典さんによる花束贈呈、トークショーの後の映画上映。
久光製薬のサロンパス・フェイタス・ライフセラ美容液マスクなどのサンプルも配布され、とっても嬉しい試写会でした。

コンセプトは「ココロとカラダをほぐす映画館」。
さまざま癒しのサービスを提供していくようですが、女性にとって嬉しいのはレディースDAYには『ライフセラ美容液マスク』のサンプルがもれなくもらえるそうです。映画が安い上にサンプルまでもらえるのはここしかないので、これから大人気になるのではないのでしょうか?

他の映画館も企業とのコラボレーションをして、映画だけでないサービスを提供してくれるといいですね。
[MOVIES]試写会 |コメント:2 |トラックバック:5 | 2005/12/11(日) 17:35:24
『ロード・オブ・ウォー』試写会に行ってきました。
3日前ですが11・22、試写会に行ってきました。

【作品】
『 ロード・オブ・ウォー  ―史上最強の武器商人と呼ばれた男― 』 12・17公開

【出演】
ニコラス・ケイジ イーサン・ホーク ジャレット・レト ブリジット・モナハン

【制作・脚本・監督】 
アンドリュー・ニコル(『ターミナル』原案・製作総指揮

【感じたこと】
まさに戦争が題材なので最初から衝撃シーンがあります。
血まみれのシーンはそんなにないけど、内容は残酷で、妙に心に響いてきます。

戦争が終わらない原因がここにあります。
衝撃的な答えが待っていました。

ジブリ映画は自分勝手な人間の戦争による環境破壊を問題提起しているように思えますが、この映画はココを正さなければ戦争は終わらない!!と鋭い視点で呼びかけてるように感じました。

この映画を観て、やるせない気持ちになる人が続出すると思います。
とくに子供を持つ親はいても立ってもいられない気持ちになるハズです。

だから戦争は終わらない。と思うのではなく、
じゃぁどうすれば戦争が終わるのか?ということを
この映画は訴えているのだと思いました。

この役を演じたニコラス・ケイジは本当にすごい。
国から圧力かけられたりしないのかな?と不安になるぐらいです。

多くの人が観るべき映画だと思いますが、とくに事実に基づく話が好きな人にはオススメの映画です。
[MOVIES]試写会 |コメント:4 |トラックバック:2 | 2005/11/25(金) 21:50:51
『ハリーポッターと炎のゴブレット』試写会に行ってきました。
昨日11・11、『ハリーポッターと炎のゴブレット』ジャパンプレミア試写会に行ってきました。

gof_poster.jpg


場所は東京国際フォーラムhall-A、4000人以上入りそうな超でかい会場。
18時開場19時開演とお客を入れるのに1時間も取る必要があるのも納得できるぐらい、すごい観客数でした。

けっこう見かけたのがグリフィンドールのマフラーを巻いている人。
集団でコスチュームをまとった人達もいて、ハリーポッターの人気のすごさに驚きました。
アズカバンの囚人が公開中だった頃、みなとみらいのハリーポッターshopで売っているネクタイを見て、このネクタイを会社員が使ってたらどうしようかと思ったけど、こうやってセットで自分が着るために買うのか~。とやっと気づきました。なるほど。



しかし値段を見てビックリ!

シャツ&ネクタイ¥12,800
セーター¥10,000
ローブ¥30,000
マフラー¥8,000

ローブだけでも高いけど、全部着てた人達はスゴイ…。


映画の感想
魔法学校4年生になったハリーたちはみんな成長していて、かわいいというよりかっこよくなってました。みんなの成長とともに、ストーリーもシリアスで今までの楽しくてワクワクするシーンはあまりなく、全体的に暗い印象。

隣に座っていた小学生ぐらいの女の子は途中で目を伏せていたし、子供には怖いシーンが多かったかも。
でもやっぱりスケールのでかい迫力のある映像には圧倒されます!!

ネタバレになるといけないので詳しくは言えませんが、ハリーとロンのやりとりにジーンときました。
後半泣いている人もいましたが、涙もろい私でも今回ばかりは泣けず…。

というのも、上映中に席を立つ知らない子供を目で追ってしまって一番の見どころ“ヴォルデモートとの対決シーン”を見逃してしまったり、隣の子供たちは騒々しく途中退出していったし、まったく映画に集中できなかったから。

はぁ、ダメだこりゃ…。公開されたらもう1回観よう。

見逃したシーンもあったけど、今回も面白かったので超あっとゆう間に終わりました。
話が完結してない感じもあったから余計に「え?これで終わり?」みたいな、次が待ち遠しい、ニクい演出でした。

ハリーポッター最高!!!
[MOVIES]試写会 |コメント:5 |トラックバック:1 | 2005/11/12(土) 23:07:33
明日はハリーに会える!!
強運の姉が『ハリーポッターと炎のゴブレット』の試写会を当てたので、一緒に連れてってもらえることになりました。
吹き替えだったら子供を連れて行きたかったらしいけど、字幕版なので代わりに私が行くことに…。
イエーイ!


ついに例のあの人と対決…。
明日が楽しみです。

gof_poster.jpg



[MOVIES]試写会 |コメント:0 |トラックバック:1 | 2005/11/10(木) 22:36:05
『ALWAYS三丁目の夕日』の試写会に行ってきました。





今日はいままで観た映画の中で一番いい映画を観ました。
きっといい話なんだろうとは思ってたけど、ここまでいいとは!
面白かった~っていう映画はこれまでもたくさんありましたが、ALWAYSは本当に心が温まってその余韻がずーっと残る、そんな映画でした。

舞台は東京タワーが完成する昭和33年の東京下町。
建設中の東京タワーの映像が(CGでしょうか?)超リアル。
昔を知らない私にとってはセットのすべてが新鮮でした。


役者さんもやっぱりすごい人ばかり。

吉岡秀隆・堤真一・小雪・薬師丸ひろ子・堀北真希・三浦友和・もたいまさこ・須賀健太・小清水一揮

私は吉岡秀隆と須賀健太君の二人にさんざん泣かされました。
堤さんは言うまでもなくすばらしい演技。たくさん笑わせてくれます。
堤さんの息子役:小清水一揮君は一番輝いてた。この子がこの映画の核となる働きをしています。
堀北真希ちゃんは赤いほっぺと青森弁が超かわいかったです。


ひとつの映画にこんなに笑わせられてこんなに泣かせられるとは…参りました。

後半からノンストップで号泣。
悲しいのではなく感動で涙が出たのはこれが初めてかもしれません。
先日の『コープスブライド』でも泣いたけど、ALWAYSは泣ける場面が10個ぐらいあって、間髪入れずに襲ってきます。
もちろん会場全体からも鼻をすする音が止みませんでした。

上映後、鏡を見たら目がウサギのように真っ赤…。
家でもないのにこれはひどい。。


今日の試写会はいつもより年配の方々がたくさん来ていて、上映中はすごく楽しんでいたように思えました。私も父と母にすすめたくなりました。是非夫婦で観に行って欲しいなぁ。

今日からは東京タワーを見上げるたびに、この映画を思い出します。
[MOVIES]試写会 |コメント:0 |トラックバック:1 | 2005/10/21(金) 23:50:11
『ティムバートンのコープスブライド』試写会に行ってきました。



今日は『ティムバートンのコープスブライド』の試写会に行ってきました。

感想
パペットアニメということで、最初はその動きにまず驚く。
1~2秒のシーンを撮るのに12時間かかっているらしい…。
どうやって撮ったんだろう…と、そんなことを考えながら観てました。

でも次第にパペットということを忘れるぐらいに話に引き込まれ…最後は泣いていました。
泣ける映画です。
やばい泣きそう…と思った頃には両目から大粒の涙が溢れ、アゴから洋服までポタポタと落ちていきました。
これから観る人はハンカチを手に持って観てください。

まぁ私は涙もろい方なのかもしれませんが、他の観客からも鼻をすする音が聞こえてたので、泣く人は多いハズです。

声の出演をしているジョニー・デップについては、これがあのかっこいい彼の声?と思うぐらいかわいい声でした。私の中では『パイレーツオブカリビアン』のイメージが強いので、とっても意外でした。でもその意外性がまた最高。やっぱり『チャーリーとチョコレート工場』観に行こうかな…。(遅い?)

ティムバートン監督の作品はたくさんあるというのに、いままで私が観たのは『ジャイアントピーチ』のみ。これは不思議でかわいい話でした。

ジャイアント・ピーチ

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は観たいと思いながらまだ観てません。怖い話なのかと思って…。コープスブライドは始め少し怖かったけどすごく良かったので、これも観れそうな気がしてきました。てゆうか、今すぐ観たい作品です。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス


[MOVIES]試写会 |コメント:4 |トラックバック:2 | 2005/10/16(日) 22:00:19
SCRAP HEAVENの試写会に行ってきました。



9月30日、『SCRAP HEAVEN』の試写会に行ってきました。
テレビ東京主催で、上映後に李相日監督の舞台挨拶もありました。

感想は…?
いままでに起こった事件や会社・警察などの組織について改めて考えさせられる映画。
結構暗い内容なのに、ところどころで笑えるし、いろんな意味で面白い。
きれいなみなとみらいのビルをかっこよく撮っていて、逆に汚くて古いさびついたビルもオシャレに見えるし、なんかカッコイイ。

出演者について
加瀬亮     普通な感じだけど、なんかすごい。
オダギリジョー 自由奔放な役をとても自然に演じている。
栗山千明    クールビューティー、ものすごい存在感。


キーワードは『想像力』。
その意味をなんとなく分かったような気がするけど、あと2回ぐらい観ないと無理っぽいです。

難しい映画だったけど、訴えたいことは心に届いたし(たぶん)、観た後になんかいい感じの余韻が残る、そんな映画でした。
[MOVIES]試写会 |コメント:2 |トラックバック:0 | 2005/10/01(土) 23:58:54
今までに当たった試写会。
私は試写会に結構応募しています。

↓↓過去5年間で当選した映画。
アメリカンスウィートハート
サウンド・オブ・サイレンス
スパイダーマン
月のひつじ
チェンジングレーン
ジョンQ 最後の決断
運命の女
モナリザ・スマイル
ホステージ
ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
フライ,ダディ,フライ
逆境ナイン
恋する神父
シンドバッド 7つの海の伝説
マダガスカル
ロボッツ

他、2つぐらいです。
ホステージ以降は今年に入って立て続けに当選しただけなので、自慢できるほどではないですが、
公開前に映画を観れるのは気分がいいし、やっぱりタダで観れるのが嬉しいです。

どういう基準で当選するのかは分かりませんが、試写会は先着順で当選になると思います。
でも人気がなさそうな映画の場合は締め切りギリギリでも応募してみる価値はあると思います。
あと、コツとしては応募したらすぐ忘れることです。
当たらなかったら悲しくなるし、忘れてたものが当たった方が喜びも倍増です。

それから、私のBest Hit はフライ,ダディ,フライです。
岡田君がかっこよすぎるのと、堤さんが冴えないおっさん役というギャップがいい感じなのと、ミスチルの曲『ランニングハイ』が最高という理由で、もう一度観たいと思える映画です。
[MOVIES]試写会 |コメント:5 |トラックバック:0 | 2005/08/10(水) 00:08:32
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。